エンビロンに落とし穴【成分解析で副作用の危険は?】

内側からもっちりと、うるおいに満ちた明るく健康的な肌に導く保湿ジェル「エンビロンモイスチャージェル2」。

エンビロン(モイスチャージェル2)はどのような成分が配合されているのでしょうか?

成分を解析して副作用の危険性などがないか調べてみました!

 

エンビロンに落とし穴【成分解析で副作用のは?】

エンビロン(モイスチャージェル2)の全成分

水,グリセリン,パンテノール,ポリソルベート40,水酸化Na,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,テトラヘキシルデカン酸アスコルビル,アスコルビン酸,トコフェロール,パルミチン酸レチノール,ヒマワリ油,レスベラトロール,EDTA-2Na,カロチン,パルミチン酸アスコルビル,ゼラチン,スクロース,コーン油,コーンスターチ,アスパラサスリネアリス葉/茎エキス,シクロピアインテルメジア葉/茎エキス,シクロピアスブテルナタ葉/茎エキス,シクロピアマクラタ葉/茎エキス

エンビロン製品は、肌に必要な成分であるビタミンの働きを活かすため、香料・着色料をはじめとした成分を極力排除して作られている為、敏感肌の方でも安心して使用することが出来ます。

また、パッケージは、配合成分を光や空気からできるだけ守るために、素材や形状に配慮して作られています。

ビタミンAによる肌の反応への注意

エンビロン(モイスチャージェル2)を使用すると、まれにビタミンAの作用によって以下の反応が出ることがあります。

心配な場合はお近くの取扱い店舗もしくはエンビロン・コールセンター(0120-085-048)までご相談ください。

エンビロンが推奨しているのはまずモイスチャージェル1を使用して少しずつビタミンA濃度を上げていく方法なので、そのように使用することをお勧めします。

上記の理由から公式サイトオンラインショップではモイスチャージェル1を2回以上使用かつ最初の購入から40日以上経ってからでないとモイスチャージェル2は購入できないという条件があるので注意してください。

なお、不快であれば使用を一時中止し、スキンケアカウンセラーにご相談ください。

<ビタミンAによる肌の反応>

赤み、ほてり、乾燥、腫れ、かゆみ(むずむずする)、ニキビ、吹き出物の一時的な活発化

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・エンビロン製品は、肌に必要な成分であるビタミンの働きを活かすため、香料・着色料をはじめとした成分を極力排除して作られている為、敏感肌の方でも安心して使用することが出来ます。

また、パッケージは、配合成分を光や空気からできるだけ守るために、素材や形状に配慮して作られています。

◇ビタミンAによる肌の反応への注意

・エンビロン(モイスチャージェル2)を使用すると、まれにビタミンAの作用によって以下の反応が出ることがある。

□赤み、ほてり、乾燥、腫れ、かゆみ(むずむずする)、ニキビ、吹き出物の一時的な活発化

・心配な場合はお近くの取扱い店舗もしくはエンビロン・コールセンター(0120-085-048)に相談すると良い。

・エンビロンが推奨しているのはまずモイスチャージェル1を使用して少しずつビタミンA濃度を上げていく方法なので、そのように使用するのがお勧め。

・ビタミンA濃度のステップの理由から公式サイトオンラインショップではモイスチャージェル1を2回以上使用かつ最初の購入から40日以上経ってからでないとモイスチャージェル2は購入できないという条件があるので注意。

・ビタミンA反応が不快であれば使用を一時中止し、スキンケアカウンセラーにご相談すると良い。

・エンビロン(モイスチャージェル2)に成分の落とし穴はないがA反応が出る可能性がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です