オルビスオフクリームに落とし穴【成分解析で副作用の危険性は?】

もう落とすだけじゃない!

うるおい満たす極上クレンジング「オルビスオフクリーム」。

オルビスオフクリームの成分にはどのようなものが入っているのでしょうか?

成分を解析して副作用の危険性について調べてみました!

 

オルビスオフクリームに落とし穴【成分解析で副作用の危険性は?】

オルビスオフクリームの全成分

パルミチン酸エチルヘキシル、エチルヘキサン酸セチル、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、水、BG、イソステアリン酸PEG-12、ステアリン酸PEG-25、ミツロウ、スクワラン、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、シクロペンタシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ヒアルロン酸Na、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花水、グリセリン、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル(SE)、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

オルビスオフクリームは無香料、無着色、酸化化しやすい油分不使用、アルコールフリー、なので、敏感肌の方でも安心して使用することが出来ます。

オルビスオフクリームの成分の落とし穴はないと言って良いと思います。

また、公式サイトや口コミにもオルビスオフクリームを使用して重篤な副さようふぁ見られた等の報告はありません。

オルビスオフクリームの肌に効果的な成分

汚れのみを落とすセレクトクレンジング成分

オルビスオフクリームは細胞間脂質にはなじまず、メイク汚れだけになじむ「セレクトクレンジング成分」配合のため、うるおいを奪わずにしっとり肌を保ちながら、ウォータープルーフメイクもするんとオフしてくれます。

3種のブレンドハーブ成分でしっとり肌に!

オルビスオフクリームにはローマカミツカレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花水成分の3種のハーブがブレンドして配合してあるので、柔らかく潤いに満ちた肌へ導きます。

潤い成分ヒアルロン酸配合!

オルビスオフクリームに配合されている保湿成分ヒアルロン酸Naは肌のうるおいを抱え込み、さらにそのうるおいを逃がさないようキープするセラミドネットワーク成分を配合しているので、スキンケアを受け入れやすい肌に整える効果があります。

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・オルビスオフクリームは無香料、無着色、酸化化しやすい油分不使用、アルコールフリー、なので、敏感肌の方でも安心して使用することが出来る。

・公式サイトや口コミにもオルビスオフクリームを使用して重篤な副さようふぁ見られた等の報告はない。

・オルビスオフクリームの成分の落とし穴はないと言って良い。

・オルビスオフクリームの肌に効果的な成分は以下の通り

□汚れのみを落とすセレクトクレンジング成分

□3種のブレンドハーブ成分でしっとり肌に!

□潤い成分ヒアルロン酸配合!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です