ビューティークレンジングバームに落とし穴【成分解析で副作用の危険性は?】

60秒でとろけて毛穴・たるみ・くすみを一気に解消!大人の大本命生クレンジング「ビューティークレンジングバーム」。

ビューティークレンジングバームにはどのような成分が配合されているのでしょうか?

成分を解析して副作用の危険性などについて調べてみました!

 

ビューティークレンジングバームに落とし穴【成分解析で副作用の危険性は?】

ビューティークレンジングバームの全成分

パルミチン酸エチルヘキシル・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル・炭酸ジカプリリル・ポリエチレン・ (カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル・トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル・水・ペンチレングリコール・ラベンダー油・トコフェロール・ダイズ 油・カミツレ花油・BG・アスコルビルグルコシド・カニナバラ果実油・オリーブ果実油・乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液・乳酸桿菌/ブドウ果汁 発酵液・ニンジン根エキス・グリセリン・カルボキシメチルヒアルロン酸Na・セラミド6Ⅱ・セラミド2・セラミド3・ヒアルロン酸Na・プロテアーゼ・加水 分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル・ノイバラ果実エキス・ハチミツエキス・ヤシ油アルキルグルコシド・ハチミツ・ローヤルゼリーエ キス・カンゾウ根エキス・マンダリンオレンジ果皮エキス・オレンジ果汁・プロポリスエキス・アルニカ花エキス・オウゴン根エキス・ローズマリー葉エ キス・ハマメリス葉エキス・マドンナリリー根エキス・センチフォリアバラ花エキス・メマツヨイグサ種子エキス・ユキノシタエキス・加水分解コンキオリ ン・加水分解シルク・加水分解ダイズエキス・リンゴ果実培養細胞エキス・ゼニアオイ花エキス・トマト果実エキス・レモン果実エキス・タチジャコウソ ウ花/葉エキス・アロエベラ葉エキス・ザクロ果実エキス・ゲットウ葉エキス・ヒアルロン酸クロスポリマーNa・ビルベリー葉エキス・キサンタンガム・ アーチチョーク葉エキス・塩化Na・レシチン・フェノキシエタノール

ビューティークレンジングバームは合成香料・合成着色料・鉱物油・アルコール・パラペン不使用なので敏感肌の方でも安心して使用することが出来ます。

ビューティークレンジングバームの成分の落とし穴はないと言って良いと思います。

ビューティークレンジングバームに配合されている肌に効果的な成分

擦り過ぎないので肌ダメージ軽減!

ビューティークレンジングバームはがとろけてメイク汚れを絡め落とすから、こすり過ぎのダメージを軽減します。

さらに、とろけたバームで指の滑りが良くなり、肌にマッサージ効果も!

あらい流す際には肌に美容液成分を与えながら、メイク汚れやくすみの原因など肌に不要なものだけを絡めとります。

新密着クリア処方で、汚れしっかり落ち!

ビューティークレンジングバームは洗浄成分と41種の美容成分が毛穴より小さい形になってバームを形成しています。

だから、バームに触れなじませることで洗浄成分と美容成分が一気にとろけだし、クレンジング効果と美容効果を一度に発揮する処方となっているのです。

うるおいを奪わず、ハリを与える!

ビューティークレンジングバームの中には、美容液成分が約78%も配合されています。

毛穴悩みには、汚れをしっかり落とすこと、うるおいを奪わないこと、そしてたるみが現れる大人世代の肌に“ハリ”を与えることで、毛穴の印象は変わります。

あらい上がりのしっとり感、そして、ハリまでも感じられるような処方で仕上げたクレンジングです。

複雑になる大人の毛穴問題は、原因を知ってケアすることで大きく変わってきます。

配合されている美容成分:ローヤルゼリー/プロポリス/はちみつ/3種のセラミド/4種のヒアルロン酸

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・ビューティークレンジングバームは合成香料・合成着色料・鉱物油・アルコール・パラペン不使用なので敏感肌の方でも安心して使用することが出来る。

・ビューティークレンジングバームの成分の落とし穴はないと言って良い。

・ビューティークレンジングバームに配合されている肌に効果的な成分は以下の通り

□擦り過ぎないので肌ダメージ軽減!

□新密着クリア処方で、汚れしっかり落ち!

□うるおいを奪わず、ハリを与える!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です