アニュ(anu)クレンジングに落とし穴【成分解析で副作用の危険性は?】

オーガニック処方で繊細なインナードラミも一瞬でふっくら肌、-15歳顔が叶う、洗う前より潤う奇跡のクレンジング「アニュanuクレンジング」。

アニュ(anu)クレンジングにはどのような成分が配合されているのでしょうか?

成分を解析して副作用の危険性などがないか調べてみました!

 

アニュ(anu)クレンジングに落とし穴【成分解析で副作用の危険性は?】

アニュ(anu)クレンジングの全成分

ダイズ油、トリエチルヘキサノイン、エチルヘキサン酸セチル、トリイソステアリン酸PEG-20、グリセリル、マカデミア種子油、イソステアリン酸PEG-10BG 、ジイソステアリン酸PEG-8、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、 香料、トコフェロール、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、水、BG、イソマルト、 グリセリン、 ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸、ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、セラミドNP、エタノール、リンゴ果実培養細胞エキス、エーデルワイス花/葉エキス、カニナバラ果実エキス、フェノキシエタノール、キサンタンガム、ラベンダー花エキス、ヒメフウロエキス、レシチン、アルガニアスピノサカルス培養エキス、ノウゼンハレン花エキス、安息香酸Na

アニュ(anu)クレンジングは石油系界面活性剤、合成着力料、パラベン、鉱物油、紫外線吸着剤、合成ポリマー、シリコン、タール色素などの肌に刺激を与える成分は配合していないので敏感肌の方でも安心して使用することが出来ます。

また、アニュ(anu)クレンジングを使用して重篤な副作用が見られたという報告はありません。

アニュ(anu)クレンジングの成分の落とし穴はないと言って良いと思います。

アニュ(anu)クレンジングに配合されている肌に効果的な成分

スイス産エーデルワイスエキス

高い保湿効果が期待でき、肌トラブルを防ぎ荒れにくい肌に導いてくれます。

アルガン・リンゴのW幹細胞エキス

再生医療にも使われている植物成分で、エイジングケアが期待できます。

ヒメフウロエキス

老化に深く関わっているトリプターゼの働きを阻害することで肌の老化にアプローチします。

日本産植物性セラミド

コンニャクなど植物由来の成分で、敏感肌やインナードライ肌などの予防にアプローチします。

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・アニュ(anu)クレンジングは石油系界面活性剤、合成着力料、パラベン、鉱物油、紫外線吸着剤、合成ポリマー、シリコン、タール色素などの肌に刺激を与える成分は配合していないので敏感肌の方でも安心して使用することが出来る。

・アニュ(anu)クレンジングを使用して重篤な副作用が見られたという報告はない。

・アニュ(anu)クレンジングに配合されている肌に効果的な成分は以下の通り。

□スイス産エーデルワイスエキス

□アルガン・リンゴのW幹細胞エキス

□ヒメフウロエキス

□日本産植物性セラミド

・アニュ(anu)クレンジングの成分の落とし穴はないと言って良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です