3Uクレンジングジェル落とし穴【成分解析で副作用の危険性は?】

炭酸ジェルのようなクレンジングジェルで諦めていた毛穴やくすみが気にならなくなると話題の薬院オーガニック「3Uクレンジングジェル」。

3Uクレンジングジェルにはどのような成分が配合されているのでしょうか?

成分を解析して副作用などの危険がないか調べてみました!

 

3Uクレンジングジェルに落とし穴※成分を解析したら危険?副作用とかないの

3Uクレンジングジェルの全成分

水、ココイルメチルタウリンNa、メチルパーフルオロイソブチルエーテル、やし油脂肪酸PEG-7グリセリル、アクリレーツコポリマー、ココアンホ酢酸Na、DPG、グリセリンエチルヘキシルグリセリン、アスコルビルグルコシド、ヒトオリゴペプチド-1、グリチルリチン酸2K、フラーレン、セラミドNP、タナクラクレイ、炭、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、PVP、アルギン酸Na、BG、水酸化Na、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、レモングラス油

3Uクレンジングジェルに肌に刺激を与える成分は配合されていないので敏感肌の方でも安心して使用することが出来ます。

また、3Uクレンジングジェルを使用して重篤な副作用が出たという報告は一切ありません。

3Uクレンジングジェルの成分に落とし穴はないと言って良いと思います。

3Uクレンジングジェルに配合されている肌に効果的な成分

ノーベル賞を受賞したフラーレン

フラーレンは、イギリスのクロトー博士が発見した成分で、ノーベル賞を受賞したナノテクノロジー新素材です。

フラーレンにはビタミンCの172倍の酸化防止力があり、コラーゲン生成力はプラセンタの800倍以上あると言われています。

細胞再生因子EGF

EGFは、タンパク質の一種で細胞再生因子とも呼ばれ、皮膚の再生や粘膜の治療など、再生医療の分野で使用されています。

肌に使用するときめ細やかでふっくらした美肌に導く効果があります。

高濃度ビタミンC誘導体

高濃度ビタミンC誘導体はお肌に浸透しやすいのが特徴の成分で強い抗酸化力で美肌の大敵「活性酸素」の発生を抑え、皮膚の抗酸化作用を高めます。

また、メラニン色素の生成を抑制し、さらに新陳代謝を高めて、シミやくすみの改善に効果が期待されています。

国産クレイ

国産クレイはミネラルたっぷりで、しっかり汚れを吸着するのに潤いを届ける+残す効果があります。

↓ ↓ ↓

3Uクレンジングジェル定期コース

 

まとめますとこのようになります。

・3Uクレンジングジェルには肌に刺激を与える成分は一切配合していないので敏感肌の方でも安心して使用することが出来る。

・3Uクレンジングジェルを使用して重篤な副作用が出たという報告は一切ない。

・3Uクレンジングジェルに配合されている肌に効果的な成分は以下の通り。

□ノーベル賞を受賞したフラーレン

□細胞再生因子EGF

□高濃度ビタミンC誘導体

□国産クレイ

・3Uクレンジングジェルの成分に落とし穴はないと言って良い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です